読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しろにとっては難しい

食と旅行と夏山雪山。たまにゲーム

三条の湯から雲取山

2週間ぶりの登山は初めての雲取山

自分の体力的には鴨沢コースはまだ無理かなと思い、三条の湯泊で目指すことに。

1日目は三条の湯までなので、奥多摩駅11時発丹波行きのバスに乗った。

11:45頃お祭りバス停に到着も、降りたのは自分一人でとたんに心細くなる。

ちょうど道の先から下山してきた一団がいて登山口の方向がわかった。初めての場所はほんとにドキドキするなぁ。。。

 

暑い日に林道歩きとのことでバテないようゆっくり歩こう。沢に沿った立派な林道だ。水音を聞きながらてくてく歩いていく。

f:id:shiromuzu:20170524203839j:image

平らな道にどんどん足が進んで2時間で林道終点まで来てしまった。

そこから登山道約30分で三条の湯!

 

のはずが、ここで猛烈な空腹に襲われ、ポケットのドライフルーツ全部平らげても足りない。足取り重く結局45分かかってしまった。

f:id:shiromuzu:20170524204206j:image

f:id:shiromuzu:20170524204225j:image

とはいえ14:30に着いたのであった。最後へばった割には予定より早い。

 

早速お風呂♪

そして風呂上がりのビール!おつまみはパクチーナッツです。

f:id:shiromuzu:20170524204434j:image

生き返る〜。

夕ご飯までもう1本のんびり飲んでごろごろ。

夕ご飯はコシアブラの天ぷらと舞茸のお吸い物がすごく美味しかった。ぺろりである。

f:id:shiromuzu:20170524211552j:image

もっかい温泉入って20時くらいに就寝。

 

翌朝は05:00起き。今日は雲取山登頂して鴨沢コースから帰る予定である。平日でバスの本数少ないので逆算すると遅くとも06:30には出発せねばならない。幸いなことに05:30に朝ごはん食べれたので06:00に早速出発した。

 

天気予報では今日も夏日になると言っていたっけ。朝から日差したっぷり、歩き出すとすぐ暑くなる。木陰は風が吹くとかろうじて涼しい。こんな早朝から山の中歩くのは久しぶりだ。細いトラバース道を一人で歩いていく。鳥のさえずりと虫の羽音、熊鈴ちりんちりんの謎のハーモニー。ポポ、ポポと鳴く鳥はなんという鳥かな。帰ったら調べよう。ハチかアブかわからないけどブンブン威嚇しないで。独り言のようなとりとめのない考えが頭の中を行ったり来たりする。

三条ダルミまでは2時間ちょいのはず、いいペースで歩いてるのでもうすぐのはずだけど、まだ着かないなぁ。

と、登山道の先に現れたのは、鹿さん!こちらを見て頭を傾げている。

f:id:shiromuzu:20170524213259j:image

わー!もしかしたら会えるかなと思ってたけど、会えた。熊鈴ちりんちりんのせいですぐいなくなってしまったけど、一瞬の遭遇であった。

 

その後三条ダルミに到着。なんともう富士山が見えるではないか!うぉぉ。

山タイムマップでは山頂はここから45分と書いてあるし、あと少しだ!

 

つづら折の山道をとぼとぼ登る。熊笹に覆われた道で風が吹くたびザザ、と音がして何かいるのかとドキドキ。見上げてもなかなか距離が縮まらずつづら折りの曲がり角の度に腰に手をあてて空を仰いでしまう。まだかー。

何度か繰り返した後に開けた場所に出た。

 

おおおおお!!!!!

着いたー!

f:id:shiromuzu:20170524214355j:image

疲れがなんとも吹っ飛ぶ景色だ。

少し先の山頂には新しい2017年記念碑があった。

f:id:shiromuzu:20170524214535j:image

f:id:shiromuzu:20170524214707j:image

三条の湯出てから3時間で着いた!自分的に超上出来。富士山眺めながらくるみあんぱんとメロンパンの皮を補給。甘いもの食べたかったのですごく美味しい。

 

今日は乗りたいバスが決まってるので長居せず下山開始。富士山見ながらの尾根道歩き気持ちいいなぁ。

f:id:shiromuzu:20170524215342j:image

元気があったのでブナ坂から七ツ石山にも寄ってみた。日向ぼっこに良さそう。日焼け確実だけど。

f:id:shiromuzu:20170524215548j:image

七ツ石小屋を経てどんどん降りていく。

f:id:shiromuzu:20170524215621j:image

この後めっっっちゃ長くてほんとびっくり。木陰は気持ち良く歩けたけど、自分はまだ鴨沢コースから登る自信無い。。。

f:id:shiromuzu:20170524220032j:image

ほとんど休まず降りて、乗る予定の1時間前に鴨沢バス停に到着。よかった。そして頑張った!

 

バス待ちの間、山の休憩所かゑるさんにお邪魔してビールとかゑるロールを頂いた。先に下山してきた方たちや、気さくなマスターにいろんなお話聞けて面白かったです。

f:id:shiromuzu:20170526124135j:image

 

▪️備忘録

・ハイドレ空気入らないように気をつける

・トレッキングポールは使わずとも、もしもの時のために装備に入れといた方がよさそう

・ドライフルーツ少なかった

 

 

『BLAME!』映画観てきた

動く霧亥さんを観れる日が来るとは最高か。

勢い余って公開初日に行ってきた。

f:id:shiromuzu:20170520133049j:image

劇場入り口に重力子放射線射出装置が飾ってある。ぬぅ。欲しい。

 

映画は原作とは全く別の話であったが、最初からわかりやすい説明で違和感なく入り込める。

都市の中で細々と生きる電基漁師の人々がメインのストーリー展開のようだ。これはもう別の世界線の話と思えば良いのね。

 

主人公づるちゃんが何しろかわいい。メット外した時のキラキラしたおめめといったら。捨造じゃなくても惚れてまうやろー。

もちろん捨造さんだってびっくりするほどイケメン。

そして人格者のおやっさん。頼もしい。

 

彼らと比べると霧亥とシボさんの人外感ハンパない。

霧亥はほんと神造形。重力子放射線射出装置使っての戦闘シーンは、射出時の効果音も相まってカッコよかった。(めっちゃ首にアンプルみたいなの挿してたけど、大丈夫なの霧亥さん。。)

音といえば駆除系が襲ってくる時のキィィンときしむような音も臨場感あった。

ドルビーアトモスの劇場で観たら凄そうだなぁ。

 

原作のセリフがところどころ使われているのだけど、それが嬉しくもあり、同時に寂しくもあった。目の前で展開される別の世界線の話と、何度も読んで反芻した原作の世界が、繋がるような繋がらないような。。。

霧亥の旅をもっと見ていたい。。

。・゜・(ノД`)・゜・。

 

2週間限定公開だと厳しいけどもっかい観に行こうかなぁ。

 

 

 

奥多摩湖から御前山

週末、カタクリの花で有名な御前山に行ってきた。

0745奥多摩駅発峰谷行きのバスで奥多摩湖バス停へ。

f:id:shiromuzu:20170502210457j:image

日差しが強くてちょっと暑い。フリース脱いで長袖Tシャツに帽子かぶって出発。

f:id:shiromuzu:20170502210639j:image

1時間くらいでサス沢山に到着。指沢山なのね。

f:id:shiromuzu:20170502210723j:image

奥多摩湖が大変美しい。

 

しかしここから惣岳山までがなかなか大変だった。尾根道の後に足がぱんぱんになるような急登。意識してゆっくり小幅歩きでなんとか登り切る。今年のテーマは『バテない登山』なので息を切らさないように少しずつ。 

 

カタクリの花が姿を現わす。かわいいなぁ。季節に間に合ってよかった。

f:id:shiromuzu:20170502211523j:image

 

f:id:shiromuzu:20170502211606j:image

やっと着いた。朝ごはんの残りのパンを食べて一休み。

後少しがんばろう。

f:id:shiromuzu:20170502211703j:image

富士山見えたー!

 

あとちょっとで御前山。

f:id:shiromuzu:20170502211805j:image

カタクリの群生地!鹿が入れないようにネットで保護されているのでちょっと見辛いけどやっぱりかわいい。

 

f:id:shiromuzu:20170502211717j:image

ふぅ。着きました。

カタクリの季節だけあって、頂上の広場はあっという間に混み始める。

お昼ご飯のパンと羊羹をささっと食べて、名残惜しいが出発。

 

帰りは境橋に向かう。栃寄沢登山道が開いてたので通ってみた。

長らく通行止めであったのか、ちょっと荒れ気味であった。

f:id:shiromuzu:20170502213044j:image

栃寄大滝かな?

 

1316境橋のバスに間に合った。自分的には悪くないペースだった。

 

さて今回は初めてファイントラックのベースレイヤー使ったのだけど、汗冷えしなくてよかった!もともと汗かきなのでメリノウールだと最近汗冷えで寒かったのだ。

しかしファイントラックの上に着ていた速乾シャツの背中が汗を吸ってびちょびちょになりバス待ちの間にタオルでシャツを拭く事態が発生。風があったから乾いてよかったけど夏が不安だなぁ。。。

 

 

ブラックダイヤモンド ボルトを買ったので景信山に行きました

ただし旧モデル。

ふらりと立ち寄った神保町のアウトドア用品店でなんかカッコいいバックパックが目にとまった。

光沢のある生地でかなり暗めグレーっぽい青のザック。

何がカッコいいかというと、何しろシュッとしてるのだ。端的に言えば細身である。

うーむ。これはいい。

ここ数年間日帰りでも38Lのグレゴリーのザックをぺたんこにして山にでかけてたけど、ちょうど日帰り〜ギリギリ山小屋1泊できそうなザックが欲しかったし!と突然の物欲発揮。

しかし何軒かハシゴしてもサイズが無い。。。

 

で、ネットで買いました。

旧モデルの小さいサイズが5割引だったのだ!色は緑!売れ残りそうな色である。しかし5割引。背に腹はかえられぬ。

 

早速お出かけ。景信山から高尾山のプチ縦走で背負い心地をチェックしてみた。

まず非常に宜しかったのが、腰のベルト。リアクティブサスペンションという機構になってて、後ろから腰の両側をガシッと掴まれてる感じで大変安定している。あと、サイドの両ポケットが伸縮性のある生地で使いやすい。背中側にハイドレ入れるとこもある。

背中は洗濯板みたいなのが入っている。今まで使ってたグレゴリーは背中にフレームによる空間があるタイプだったので、久々の密着感。夏は暑そうだなぁ。

f:id:shiromuzu:20170330080354j:image

このアングルだとシュッとしてないですが

f:id:shiromuzu:20170330080644j:image

 ほらね、見ての通りとてもスリムな子です!

 

f:id:shiromuzu:20170330081046j:image

景信山からは富士山見えた。

 

f:id:shiromuzu:20170330081159j:imagef:id:shiromuzu:20170330081125j:image

お花見気分も味わって気持ち良い山歩きだった。

映画『虐殺器官』観てきた

初めて読んだ時たいそう衝撃を受け、それから何度も読み返しているお気に入りの小説がなんと映画化された。

 f:id:shiromuzu:20170211144741j:image

実写ではなくアニメで映画化されたのだが、予想以上に面白かった。

フライングシーウィードやイントルードポッドの造形、ナノレイヤーコーティングの視界など、小説を読みながらこんな感じかと自分の脳内で思い描いていた場面を実際の映像で見ることができて感無量である。

2時間の映画にどうやっておさめるのかと思っていたストーリーも改変されつつ割と原作に沿ってまとめられていた。

ジョン・ポールの意図が判明するくだりはわかっていてもやはり衝撃的だ。

 

f:id:shiromuzu:20170211151041j:image

映画館でもらった特典のポストカード風しおり。

自分の中でジョン・ポールはもっとおじさんというかオトナの男性のイメージだったので最初この人誰?と思ってしまった。スタイリッシュ指ぱっちん違和感ある。。

 

最後はちょっと含みが大きかったかもしれない。

まぁ映画は映画ということで、久しぶりに小説読み返してみようかな。

 

 

アメリカのamazonでthe north faceのArctic Down Parkaを買いました

寒波にギリギリ間に合った!

f:id:shiromuzu:20170123195231j:image

 

事の発端は昨年に遡る。

ふらっと入ったオシュマンズで素敵なアークテリクスのダウンを見つけた。ノースではなくアークである。

グレーに近いシックな黒の細身のコート。表はゴアテックス、中にはダウンが詰まっていて、試着してみたら軽くてあったかい!流行りのカナダグースみたくダウンには見えない形式ながら、カナダグースより断然軽い!驚きの800グラム!

うわーうわー欲しいと脳内で転げ回ったが、そのお値段はなんと税込8万弱であった。

ちーん。

無理。

なかなかあきらめきれず3回くらいお店に見に行ったものの、清水の舞台から飛び降りる勇気は一向に出ない。

 神田のスポーツ用品街やZOZOに楽天amazonをさまようこと一ヶ月。

今季一番の積雪予報に慄きながらパタゴニアのベーシックなダウンをポチるかどうかめちゃめちゃ迷っていた時に、そうだ頼みの綱amazon.comだと思いだした。

 

すると、なんという運命の出会いでしょう。

日本未入荷のノースフェイスのダウンジャケット発見!

ゴアテックスじゃないけど一応ウォータープルーフ。ダウンフィルパワー550。フードにはフェイクファー。見た目モッズコート風でおしゃれな感じ。肩と袖口に付いてるノースロゴも生地と同系色で目立ってない(大事)。英語レビューも割と高評価。なんといっても手の届くお値段。

即決!!!

 

amazon.comは円でもドルでも決済できるのだが、オーダー直前まで進んで円表示してみたところ、この時のレートは120円換算であった。トランプ氏就任前の微妙なタイミングだが最近やや円高気味だから120円は無いでしょと勝手な理屈でドル払いにする。(後々カード明細見たら117円換算だった)

今回はマーケットプレイス出品のものを買ったので転送サービス(malltail)を使用して日本へ送付した。

 

【所要日数】約10日

時系列でまとめると、時差はあるもののだいたいこんな感じ。

amazon.comマーケットプレイスで購入

⇨翌日:マーケットプレイスのお店から発送

⇨その翌日:malltailに到着&送料連絡が来る。送料は35ドルちょいだったので即決済。

⇨その翌日:出荷連絡。malltailからヤマトのアメリカ内支店へ。

⇨その翌日:アメリカのヤマト支店に到着。

⇨2日後:日本に到着

 ⇨ワクワクしながら追跡番号検索するものの、国内到着のまま動かないよぅ。。。

と思ってたら、ページをよくよく見ると海外発送の方はこちらみたいな「詳細」ボタンがあるっ!

これを押さねば詳細わかんない仕組みとな!

海外発送はさすが一味違う!

などと戯言をのたまううちに、通関など終わって、結局注文⇨約10日で無事に手元に届きました。

A4縦サイズ四方くらいの箱でかなり軽かったので不安になったけど、開けたらちゃんと実物おさまってた。

 

【コスト】

品物:約280ドル

malltail送料:約35ドル

受取時:関税1600円+内国消費税等1500円で合計3100円

 

多少日数かかったものの、並行輸入品買うよりお得に入手できました。 

妖怪ウォッチぷにぷに 殺生丸に勝つまでの道のり

結論から言うと、犬夜叉S・蒼月潮S・早乙女らんま必須と思われる。

 

こちらが殺生丸戦の常勝チーム。

犬夜叉Sと蒼月潮S、乙姫SSと百鬼姫Sはレベル50、らんまちゃんはレベル30くらい。

乙姫は攻撃プラス回復、百鬼姫はぷにの整頓用。

f:id:shiromuzu:20161110213842p:image

 

こちらは早乙女らんまの必要性に気付く前。ゴージャス大使のゴージャスゾーンで一生懸命攻撃力アップを試みたのであった。ゴージャスゾーン好きw

f:id:shiromuzu:20161110214326p:image

しかし、最初から犬夜叉ぷにがどっさり出てくるなどの奇跡が無いと勝てなかった。殺生丸さんの一撃ダメージが超デカくて耐えきれないのである。

 

Yマネーをひたすらひとだまに交換し、悶々としながら負け続けてようやく何かおかしい!とお知らせページをガン見。

 f:id:shiromuzu:20161110215608p:image

そっか、推奨というか要するに必須なんだな。全く気がつかなかったよ。

 

というわけで何十回か負けてようやく気付いたのち、冒頭のチームに組み替えてようやく安定して勝てるようになりました。いやー、しんどかった。

 

勝てるようになったらコラボ終了前に手に入れたくなるのが心情というもの。

なんの奇跡か、コラボガシャで一番最初に出たのが覚醒用の『四魂のかけら』だったので大トロ準備して戦うこと6回、殺生丸ドロップ!

からの、合成!

で、ついに覚醒・殺生丸ゲット!

f:id:shiromuzu:20161110214924p:image

ほんと、ここまで超長かったー。