読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しろにとっては難しい

食と旅行と夏山雪山。たまにゲーム

ブラックダイヤモンド ボルトを買ったので景信山に行きました

ただし旧モデル。

ふらりと立ち寄った神保町のアウトドア用品店でなんかカッコいいバックパックが目にとまった。

光沢のある生地でかなり暗めグレーっぽい青のザック。

何がカッコいいかというと、何しろシュッとしてるのだ。端的に言えば細身である。

うーむ。これはいい。

ここ数年間日帰りでも38Lのグレゴリーのザックをぺたんこにして山にでかけてたけど、ちょうど日帰り〜ギリギリ山小屋1泊できそうなザックが欲しかったし!と突然の物欲発揮。

しかし何軒かハシゴしてもサイズが無い。。。

 

で、ネットで買いました。

旧モデルの小さいサイズが5割引だったのだ!色は緑!売れ残りそうな色である。しかし5割引。背に腹はかえられぬ。

 

早速お出かけ。景信山から高尾山のプチ縦走で背負い心地をチェックしてみた。

まず非常に宜しかったのが、腰のベルト。リアクティブサスペンションという機構になってて、後ろから腰の両側をガシッと掴まれてる感じで大変安定している。あと、サイドの両ポケットが伸縮性のある生地で使いやすい。背中側にハイドレ入れるとこもある。

背中は洗濯板みたいなのが入っている。今まで使ってたグレゴリーは背中にフレームによる空間があるタイプだったので、久々の密着感。夏は暑そうだなぁ。

f:id:shiromuzu:20170330080354j:image

このアングルだとシュッとしてないですが

f:id:shiromuzu:20170330080644j:image

 ほらね、見ての通りとてもスリムな子です!

 

f:id:shiromuzu:20170330081046j:image

景信山からは富士山見えた。

 

f:id:shiromuzu:20170330081159j:imagef:id:shiromuzu:20170330081125j:image

お花見気分も味わって気持ち良い山歩きだった。

映画『虐殺器官』観てきた

初めて読んだ時たいそう衝撃を受け、それから何度も読み返しているお気に入りの小説がなんと映画化された。

 f:id:shiromuzu:20170211144741j:image

実写ではなくアニメで映画化されたのだが、予想以上に面白かった。

フライングシーウィードやイントルードポッドの造形、ナノレイヤーコーティングの視界など、小説を読みながらこんな感じかと自分の脳内で思い描いていた場面を実際の映像で見ることができて感無量である。

2時間の映画にどうやっておさめるのかと思っていたストーリーも改変されつつ割と原作に沿ってまとめられていた。

ジョン・ポールの意図が判明するくだりはわかっていてもやはり衝撃的だ。

 

f:id:shiromuzu:20170211151041j:image

映画館でもらった特典のポストカード風しおり。

自分の中でジョン・ポールはもっとおじさんというかオトナの男性のイメージだったので最初この人誰?と思ってしまった。スタイリッシュ指ぱっちん違和感ある。。

 

最後はちょっと含みが大きかったかもしれない。

まぁ映画は映画ということで、久しぶりに小説読み返してみようかな。

 

 

アメリカのamazonでthe north faceのArctic Down Parkaを買いました

寒波にギリギリ間に合った!

f:id:shiromuzu:20170123195231j:image

 

事の発端は昨年に遡る。

ふらっと入ったオシュマンズで素敵なアークテリクスのダウンを見つけた。ノースではなくアークである。

グレーに近いシックな黒の細身のコート。表はゴアテックス、中にはダウンが詰まっていて、試着してみたら軽くてあったかい!流行りのカナダグースみたくダウンには見えない形式ながら、カナダグースより断然軽い!驚きの800グラム!

うわーうわー欲しいと脳内で転げ回ったが、そのお値段はなんと税込8万弱であった。

ちーん。

無理。

なかなかあきらめきれず3回くらいお店に見に行ったものの、清水の舞台から飛び降りる勇気は一向に出ない。

 神田のスポーツ用品街やZOZOに楽天amazonをさまようこと一ヶ月。

今季一番の積雪予報に慄きながらパタゴニアのベーシックなダウンをポチるかどうかめちゃめちゃ迷っていた時に、そうだ頼みの綱amazon.comだと思いだした。

 

すると、なんという運命の出会いでしょう。

日本未入荷のノースフェイスのダウンジャケット発見!

ゴアテックスじゃないけど一応ウォータープルーフ。ダウンフィルパワー550。フードにはフェイクファー。見た目モッズコート風でおしゃれな感じ。肩と袖口に付いてるノースロゴも生地と同系色で目立ってない(大事)。英語レビューも割と高評価。なんといっても手の届くお値段。

即決!!!

 

amazon.comは円でもドルでも決済できるのだが、オーダー直前まで進んで円表示してみたところ、この時のレートは120円換算であった。トランプ氏就任前の微妙なタイミングだが最近やや円高気味だから120円は無いでしょと勝手な理屈でドル払いにする。(後々カード明細見たら117円換算だった)

今回はマーケットプレイス出品のものを買ったので転送サービス(malltail)を使用して日本へ送付した。

 

【所要日数】約10日

時系列でまとめると、時差はあるもののだいたいこんな感じ。

amazon.comマーケットプレイスで購入

⇨翌日:マーケットプレイスのお店から発送

⇨その翌日:malltailに到着&送料連絡が来る。送料は35ドルちょいだったので即決済。

⇨その翌日:出荷連絡。malltailからヤマトのアメリカ内支店へ。

⇨その翌日:アメリカのヤマト支店に到着。

⇨2日後:日本に到着

 ⇨ワクワクしながら追跡番号検索するものの、国内到着のまま動かないよぅ。。。

と思ってたら、ページをよくよく見ると海外発送の方はこちらみたいな「詳細」ボタンがあるっ!

これを押さねば詳細わかんない仕組みとな!

海外発送はさすが一味違う!

などと戯言をのたまううちに、通関など終わって、結局注文⇨約10日で無事に手元に届きました。

A4縦サイズ四方くらいの箱でかなり軽かったので不安になったけど、開けたらちゃんと実物おさまってた。

 

【コスト】

品物:約280ドル

malltail送料:約35ドル

受取時:関税1600円+内国消費税等1500円で合計3100円

 

多少日数かかったものの、並行輸入品買うよりお得に入手できました。 

妖怪ウォッチぷにぷに 殺生丸に勝つまでの道のり

結論から言うと、犬夜叉S・蒼月潮S・早乙女らんま必須と思われる。

 

こちらが殺生丸戦の常勝チーム。

犬夜叉Sと蒼月潮S、乙姫SSと百鬼姫Sはレベル50、らんまちゃんはレベル30くらい。

乙姫は攻撃プラス回復、百鬼姫はぷにの整頓用。

f:id:shiromuzu:20161110213842p:image

 

こちらは早乙女らんまの必要性に気付く前。ゴージャス大使のゴージャスゾーンで一生懸命攻撃力アップを試みたのであった。ゴージャスゾーン好きw

f:id:shiromuzu:20161110214326p:image

しかし、最初から犬夜叉ぷにがどっさり出てくるなどの奇跡が無いと勝てなかった。殺生丸さんの一撃ダメージが超デカくて耐えきれないのである。

 

Yマネーをひたすらひとだまに交換し、悶々としながら負け続けてようやく何かおかしい!とお知らせページをガン見。

 f:id:shiromuzu:20161110215608p:image

そっか、推奨というか要するに必須なんだな。全く気がつかなかったよ。

 

というわけで何十回か負けてようやく気付いたのち、冒頭のチームに組み替えてようやく安定して勝てるようになりました。いやー、しんどかった。

 

勝てるようになったらコラボ終了前に手に入れたくなるのが心情というもの。

なんの奇跡か、コラボガシャで一番最初に出たのが覚醒用の『四魂のかけら』だったので大トロ準備して戦うこと6回、殺生丸ドロップ!

からの、合成!

で、ついに覚醒・殺生丸ゲット!

f:id:shiromuzu:20161110214924p:image

ほんと、ここまで超長かったー。

 

 

アメリカのamazonでPIEPS DSP SPORTを買いました。

スノーシュー買ったので次はアバランチビーコン。普通に買うにはかなり躊躇してしまうお値段である。どうにかしてリーズナブルに入手したい。となるとやはりアメリカのamazonの出番。

前回の反省から、amazonの出品だと日本まで直送してくれるのでマーケットプレイスじゃなくてamazon本体の値段で安くならないかなーと気長に待つこと数ヶ月。

10月に入って250ドル切ったタイミングがあったので、これはと思いカートに入れて決済直前まで進んでみると送料・税足して263ドルになった。

お届け予定は11月だけど、円高ドル安まだ続いてるはず、なんとかなるでしょ。勢いで買ってしまった。

 

そして、届きました!

f:id:shiromuzu:20161030132430j:image

なんと10月中に届いた。すごいなamazonさん。

 f:id:shiromuzu:20161030133048j:image

箱の中身。説明書には日本語のページも付いてる。ステッカーはオマケだろうか。

 

ドル建てで払ったのでレートがちょっと心配だけど、これで晴れてレンタル卒業!

 

※電池出そうとして蓋を外すのが大変だったので思わず追記。

ちょうど合うマイナスドライバーが無かったのでペンチでぐりぐり。コインだと外せない気がする。。。

f:id:shiromuzu:20170402150627j:image

筑波宇宙センター特別公開

f:id:shiromuzu:20161015123653j:image

前日からつくば入りして開場15分前に到着。開場を待つ長い列。大変な人気ぶり。

今日は特別公開なので、普段は入れないエリアや建物に入れちゃうのである。わーい! 

 

まずは宇宙ロボット実験室。

f:id:shiromuzu:20161015123811j:image

ローバー

f:id:shiromuzu:20161015124323j:image

不思議な立方体ロボット。角で立つのスゴイ。

f:id:shiromuzu:20161015124439j:imagef:id:shiromuzu:20161015124450j:image

 

 その後人工衛星や宇宙服の展示を拝見(

スペースドームにあるものとはまた別だそう)

f:id:shiromuzu:20161015130216j:imagef:id:shiromuzu:20161015130233j:image

f:id:shiromuzu:20161015130250j:imagef:id:shiromuzu:20161015130257j:imagef:id:shiromuzu:20161015130304j:image

説明してくれた方が、『宇宙兄弟でムッタが手をついて覗き込んだ宇宙服は養成棟にある』と教えてくれた。

f:id:shiromuzu:20161015130423j:image

f:id:shiromuzu:20161015130433j:image

これですね!

養成棟では宇宙食やホンモノの閉鎖実験施設も見れた。

f:id:shiromuzu:20161015130536j:image

f:id:shiromuzu:20161015130547j:image

管制模擬体験見学コーナーに貼ってあったジーン・クランツ氏のお言葉。ためになる。

f:id:shiromuzu:20161015171952j:image

建物の出口にアポ!かわいい。

f:id:shiromuzu:20161015172035j:image

そして「きぼう」「こうのとり」の管制室も見学できた。中は写真撮影禁止なので建物写真。

f:id:shiromuzu:20161015172125j:image

建物出てきたら講演会会場に向かう油井さん見かけました。講演会はサテライト会場で見れた。質問コーナーとか面白かった。

 

せりかさん!

f:id:shiromuzu:20161015172553j:image

 

お土産はロケットパン!かわいい!

f:id:shiromuzu:20161015172625j:imagef:id:shiromuzu:20161015172634j:image

 

大満足の特別公開だった。

 また来年も行きたいな。

 

 

初めての燕岳(燕山荘泊・往復)

出発直前まで迷っていた。

何を迷っていたかというと、高機能タイツ履いてくかどうかである。

 今回は夜行の毎日あるぺん号に乗るからにしてきっちり締め付けられては一睡たりともできない。(確信)

世の中の皆さんはどうしてるのだろう。。。山慣れしてる人はこんなこと悩んだりしないのかしら。どっかでタイツ履くタイミングあるかなー。

まぁそんなことは杞憂で、夜行バスは1人で2席使える状態かつ真っ暗だったので到着前に席でもぞもぞタイツ履きました。

 

有明荘で降りたのは自分含めて2人、下山後の着替えを預けてから朝ごはんのおにぎりを食べる。もう1人の方は有明山日帰りだそう。早くも強者に出会ってしまった。

 

 f:id:shiromuzu:20161013231333j:image

中房温泉から登山開始。朝まだ6時過ぎだ。燕岳は初めてなのだが、初っ端から急登があるようなので、まずはゆっくり歩き出す。 

第一ベンチ、第二ベンチ、第三ベンチ、富士見ベンチ、合戦小屋までひーひー言いながらもそこそこ順調に上がった。ベンチ毎におにぎり半分ずつ補給してシャリバテ防止につとめる。登る人もたくさん、下山してくる人もたくさん。道を譲り合いながらの道中。

 

 f:id:shiromuzu:20161013231351j:image

夏の合戦小屋ではスイカが食べられるそうだけど、もはやスイカの季節は遠に過ぎ去り、豚汁をいただく。ちょっと濃いめだけどほっこりするわー。

f:id:shiromuzu:20161013231925j:image

ここでしばしゆっくりすれば良かったのだがせっかちな自分はいつも通り10分足らずで出発してしまった。

 

その後、凄まじい睡魔で全く足が進まなくなりまさかの大ブレーキ。

夜行バスの影響もあったと思うのだけど、たぶん高度順応しなかったための高山病。。。

ちーん。

もっとゆっくりすれば良かったのだ。

しかし時既に遅し。

燕山荘への最終工程は歩いては止まり、また少し歩いては止まりと、亀の如き歩みで、眠気で朦朧としていた。

f:id:shiromuzu:20161013231445j:image

稜線が少しずつ見えて来て槍様があんなとこに!

f:id:shiromuzu:20161013231552j:image

本日のお宿、燕山荘。見えてからが、もう遠くて遠くて、辛かった〜。

 

合戦小屋からのコースタイム大幅に遅れたけど、なんとか根性で燕山荘にたどり着いてチェックイン。お部屋の案内までまだ時間があるとのことで、カフェでココアを飲んだ。

 少し眠気も落ち着いて、今日中に燕岳登頂行けそうな気力が湧いてくる。単純!

 

お部屋に案内してもらい、サブザックに荷物を入れ替えて、いざ燕岳へ!

 f:id:shiromuzu:20161013231623j:image

疲れは取れておらず、またもや息を切らしながらゆっくり登る。

 

そして。。。

f:id:shiromuzu:20161013231650j:image

燕岳登頂!うおお。良かった〜。一時はどうなることかと思ったよ。

 

いるか岩と槍様

f:id:shiromuzu:20161013231802j:image

 

めがね岩

 f:id:shiromuzu:20161013231823j:image

 

遠くに見える赤い屋根の燕山荘

f:id:shiromuzu:20161013233828j:image

 

雷鳥さん!

f:id:shiromuzu:20161013232045j:image

 

燕山荘では、夜ご飯の後にオーナーのお話とホルン演奏も聞けた。お話がとても上手で啓蒙(&営業)を絡めたいろんなエピソードがどれも面白かった。 クマの話とかもっと聞きたかったなw 冬山も良さそうだなぁ。

 

夕焼け

f:id:shiromuzu:20161013232129j:image

ご来光

f:id:shiromuzu:20161013232158j:image

 

登りはほんと不甲斐なかったけど、燕岳山頂に着いてぐるりと周りを見渡したら、雲海の上に堅牢な山並みがどこまでも続く絶景で、登りの苦労なんて綺麗さっぱり全て吹っ飛んでしまった。

 

また来よう!

 

下山後の有明荘の温泉が最高でした。

 

■今回の気づき

・ハイドレにすればよかった

・もっとエコに登らねば

・前泊推奨

・せっかちは高山病のもと