読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しろにとっては難しい

食と旅行と夏山雪山。たまにゲーム

2015年10月トルコ旅行 7泊8日ツアーでの服装

トルコの10月の気候、行く前は東京よりはちょっと寒いかなくらいの予想をしてたんだけど
実際は、昼は日差しがあると暑くて日影では風が吹くと涼しいといったところ。
夜は肌寒いの1つ上のレベル。
オフシーズンで割と空いてたし、夏はめちゃくちゃ暑いそうなので次回行く時も10月にしよう。

■アウター

  • 裏地の付いてないマウンテンパーカ
  • 大判ショール
  • 夏山用ハット

日差しが眩しいので晴れた日の遺跡歩きには帽子が必須。
モスクの観光にはショールが必須。
イスタンブールボスポラス海峡クルーズでは防寒着が必須。
海風で凍えて家族にユニクロウルトラライトダウンベストを借りるはめに。ありがたや。

■トップス

  • ネルシャツ
  • ネルシャツの下に着る白T
  • Vネックニット
  • Vネックの下に着るタンクトップ

10月なので汗だくになることはなかったけど
トップス2枚をリセッシュしながら交互に毎日着る
という発想はさすがにケチり過ぎであった。
シャツもう1枚あっても良かった。

■ボトムス

軽いし締め付けなくていいかなと思って履いていった夏山用パンツは寒くて失敗。後半はずっとユニクロ履きっぱなしだった。

■その他

  • 下着(スポーツ用)4日分
  • 靴下4日分
  • ハンカチ4日分
  • パジャマ

下着や靴下は乾きやすいものを持っていって毎日お洗濯。
パジャマも寝汗かいたら洗濯してドライヤーで乾かした。

まとめると

山間部の夜や海上は寒いので重ね着できるコンパクトダウン持っていこう! (次回への備忘)